ホーム入居中のみなさまへ ≫ 共同生活のルール

共同生活のルール

居住スペース・専有部分のルール

結露・カビの防止対策

梅雨時や冬場は結露が発生しやすくなります。そのままの状態で放置されると、カビの原因になりますので先ずはご自身での対策をお願いします。

  • 窓や壁に結露が発生した場合、乾いた布でこまめに拭き取りましょう。
  • 浴室や洗面・トイレの使用後は、定期的な換気を行いましょう。
  • 家具・電化製品は、壁から少し離して置きましょう。
  • 押入・クローゼットの襖や扉を少し開けて風通しをよくするか、または除湿材を置くと良いでしょう。

それでも対策がうまくいかない場合は、そのままに放置することなく、当社へご相談下さい。

水まわりなどのお手入れ

キッチン・浴室・洗濯機置場・洗面所などの排水口は、こまめに掃除しましょう。配水管がつまると漏水事故の原因にもなります。

また、汚れやすい換気扇やエアコンフィルターも定期的にお手入れをお願い致します。とくにキッチンの換気扇は、油汚れが蓄積すると動作に支障をきたしますので、月に1度の掃除を心がけてください。

  • 油・ゴミ・ティッシュペーパー・生理用品などは絶対に流さないよう、注意してください。
  • キッチン・洗濯機・浴室・洗面所などの排水トラップ(排水口)はこまめにお掃除を。異臭の原因にもなります。
  • 浴室の目皿にたまった毛髪やゴミは知らないうちにいっぱいに。定期的に取り除きましょう。
  • 100円ショップで売っている排水口用のシールなどを使うとお掃除が楽になります。

水漏れにご注意を

水漏れの原因は、洗濯機ホースと蛇口の接続不良や、浴室水栓の閉め忘れ、排水管の詰まりが多くを占めています。

こうした場合、発生元の入居者様が修復費用や階下の方への損害賠償を負うことになりますので、くれぐれもご注意ください。

また、水漏れを発見されたときは、浸水さらには漏電などの事故を最少限に食い止めるためにも、すぐに当社へご連絡ください。

生活音について

生活音は床や壁、天井を通じて下の階やお隣、上の階に伝わっていきます。上の階の足音が…という話はよく聞きますが、1階住戸からでも音は伝わりますから注意が必要です。

また音の感じ方には個人差があります。

深夜・早朝の入浴・洗濯・掃除や、テレビ・オーディオなどの大音量、ご友人との会話など、自分では気にならない場合でも周囲の方には騒音となりますので注意しましょう。

ドアの開閉、階段の上り下りなどの際にも回りの住民を気遣うご配慮をお願いします。

ペットについて

ペットの飼育を許可されている物件以外での、犬や猫等のペットの飼育や一時預かりは一切禁止です。ご注意をお願い致します。

共有部分のルール

駐車場

契約車輌以外の駐車は禁じられています。

決められた駐車場以外に駐車しないでください。敷地内の通路などに駐車すると、消防車や救急車などの緊急車両が通れなくなることや、他の車の入出庫、通行に支障をきたすことになります。

駐車場内の盗難に注意してください。車輌の盗難、故障、破損および部品、車輌の物品等の盗難、紛失ならびにこれらに類する一切の事故については、その責任を負いません。

除雪作業はご入居者ご自身で行ってください。駐車場から路上に出るまでの通路もご入居者の皆様でご協力の上、お願い致します。

自転車置き場

バイク・自転車をお持ちの方は、賃貸借契約時にお渡しした「シール」を貼りましょう。

シールのないものは、違法駐輪として事前通知をせずに撤去する場合もありますのでご注意ください。

他の入居者も共同で使用します。次の使用者のことも考えて、整理整頓に努めましょう。

ゴミ出し

ゴミの分別方法、使用できるゴミ袋、粗大ゴミの出し方や収集日、収集時間は各自治体によって異なります。

マンションや各自治体のルールに従って、ゴミを出してください。ルールを守らないと清掃局などで収集を中止してしまうことがあります。

また、みなさまが利用する場所ですので、常に清潔に使いましょう。