ホーム入居中のみなさまへ ≫ 入居中に困ったら

入居中に困ったら

ブレーカーがすぐ落ちる

ブレーカーが落ちるのは、複数の電化製品を同時に使用したときなどの電力容量オーバーや、どこかの回路で漏電していることが大半です。

 

アンペアブレーカー(契約ブレーカー)が落ちる場合

全体の電力を使い過ぎて契約電力の容量を超えています。いくつかの電化製品を止め、ブレーカーを元の位置に戻してみてください。

漏電ブレーカーが落ちる場合

どこかの回路で漏電している恐れがあります。再度ブレーカーが落ちる場合は速やかに当社までご連絡下さい。

安全ブレーカーが落ちる場合

落ちた回路の電力を使い過ぎています。契約電力容量を上げたい場合は、当社までご連絡下さい。

ガスが止まったら

ガスメーターは、電気のブレーカーに相当する安全機能をもっています。

「ガス器具の消し忘れがあるのでは?」「ガスがもれているのでは?」など、「異常なガスの使われ方がされている」疑いがあるとき、地震発生(震度5以上の場合)などの非常時には、ガスメーターが感知してガスを自動的にストップします。

すべてのガス栓・器具栓を閉めてください。屋外の機器も忘れずに。使っていないガス栓は閉まっていることをご確認ください。この時メーターガス栓は閉めないでください。

 

※ガス臭いときは、以下の復旧の手順操作を行わず、担当のガス会社へ連絡して下さい。

 

  1. 復帰ボタンのキャップを外す。
  2. 復帰ボタンを奥までしっかり押して、赤ランプが点灯したら、ゆっくり手を離す。
  3. キャップを元に戻します。
  4. 約3分待ちます。(ガスの使用を3分間お待ち下さい。この間にガスもれがないか確認しております。)
  5. 3分経過後に、再度ガスメーターを確認し、赤ランプの点滅が消えていれば、ガスは使えます。

 

3分経過後も、ガスが止まったままで赤ランプが点滅している場合は、ガス機器の止め忘れやガス漏れが考えられますので、もう一度ガス栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがないか確認しください。

ガス栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがなかった場合は、ガス漏れが考えられますので、担当のガス会社へご連絡下さい。

トイレの水が止まらない

ロータンクの放水レバーを動かしてもトイレの水が止まらない場合は、以下の原因が考えられます。以下の原因をチェックし、それでも止まらない場合は当社か、最寄の修理会社にご連絡ください。

 

  • ロータンク内のゴム弁を持ち上げるアームがひっかかったり、チェーンがからまったりしていませんか?
  • 浮玉の止まる位置がオーバーフロー管より高い位置にありませんか?また浮玉がどこかにひっかかっていませんか?

 

※トイレの水が止まらない原因の一つとして、ロータンク内に入れた節水用のペットボトル等がアーム、チェーン、浮玉等に引っかかるということがあります。ペットボトルはロータンク内に入れないようお願い致します。

トイレが詰まったら

  1. ビニールの真ん中に穴を開け、開けた穴にラバーカップの持つ箇所を通します。ラバーカップを通したビニールでトイレ便器をしっかりと覆ってください。
  2. 便器の排水口いっぱいにラバーカップを押しつけて下さい。
  3. 勢いよく手前に引いたり、押したりを繰り返して下さい。

 

それでも直らない場合は、当社までご連絡下さい。