ホームプレス ≫ その他 ≫ 2020年12月

オリバー  ハツラツ業務最前線

仕事に取り組み夢の実現へ(オリバー総務部経理 小川 葵央)

オリバーに入社して2年目を迎えました。経理部門に配属されて、先輩方の指導を受けながら様々な業務を経験して参りました。その上で私が大事にしていることは、任された仕事をただの労働として捉えないようにすることです。目標や目的もなく、ただこなすだけでは成長に繋がらないと思うからです。

経理業務は自身の成果が分かり辛い部分があります。そこで、自分の仕事が会社の中でどのような役割を果たし、誰の役に立っているかを理解する必要があると思います。現在、経理業務の標準化の一環で先輩社員から業務の引継ぎを受けており、経理部門は会社全体の資金の流れを把握し、会社経営の意思決定をサポートする為の数字を裏付けとした情報提供の役割があり、日々のお金の流れを会社や会計上のルール等をもとに正確に漏れなく反映させる責任があることを繰り返し指導いただきました。実際に、任された仕事を選り好みせず全力で取り組むことで、そのことを実務上で経験することができました。

その結果、様々な業務に携わることで知識やスキルが向上し、分からないことは自主的に学習することで成果に繋げることができ、自身の成長を実感できることが分かりました。常に役割や背景を考えながら業務に取り組むことで、自身の成長に繋げ、その成長を根源に誇りを持って仕事に取組み夢を実現させて行きたいと思います。

相模原・町田の空室保証・空室レスキュー
メールマガジン

オリバーに任せて頂きましたオーナー様の生の声をご紹介・ご案内しております。