ホームプレス オリバー通信1面 ≫ 2020年3月号

賃貸の繁忙期 対策最前線

賃貸市場の繁忙期がピークを迎えております。左のグラフの通り、お部屋探しで店舗訪問数と物件見学数は共に減少傾向にあります。これは、インターネット、とりわけスマートフォンでのお部屋探しと不動産会社選びがネット通販等と同様に一般化してお客様の行動が変わった結果です。これらを踏まえた今繁忙期に実施している対策を一部ご紹介いたします。


①クラウドの活用で反響対策
1.物件情報もスマートフォンのアプリ等で検索する利用者が半数近くを占め、弊社では従来のポータルサイトへの掲載に加えスマートフォンに特化した物件情報の掲載と360度パノラマの内装写真等により目を引く内容を公開し前年を超える反響をいただいています。
2.問い合わせに対する他業者との競争で返信の順番が3番手でも、平均訪問数が1.5店舗であることから来店に結びつかない可能性が高くなります。そこで、自動返信での反響のお礼は勿論、スタッフからの返信スピードも上げる為、反響メールを店舗スタッフ全員で共有できるクラウドシステムと、どこからでも反響に対応できるモバイル端末の活用により、反響からわずか数分で必要な情報を返信することが可能になっています。

口コミが集客に繋がる重要情報に

②口コミの活用で集客対策 インターネットやスマートフォンアプリには個人が書き込んだサービスの感想や評価点数等のいわゆる口コミが公開されており、これを参考に自分が利用するサービスを決める等消費行動に大きな影響を及ぼすようになりました。口コミが少ない店舗は興味を持たれていないと判断され訪問の優先度が下がる傾向にあり、集客に欠かせない重要な情報となっています。弊社ではご来店のお客様が手軽に情報発信していただける様、口コミの投稿ページへのQRコードを店内に掲示して書き込みを促しています。評価点数が低くても公開され、これも含めて利用者が信用に足る情報かを判断する重要な材料となります。

弊社ではこれら新たな取り組みに加え、お客様のご紹介キャンペーンや北里大学や多摩美術大学等との提携、来店者プレゼントキャンペーンや引越しトラックの無料貸出し等対策を着実に実施し、人員を増強してお客様の受け入れを拡大しています。空室がありましたら、お早めにご相談ください。

【お問い合わせ】
オリバー365
Tel.042-786-1616

-弊社では新型コロナウイルスに対しマスクの着用・消毒剤の設置等で対策し注意を払いながら通常通り応対ができる様努めております。

相模原・町田の空室保証・空室レスキュー
メールマガジン

オリバーに任せて頂きましたオーナー様の生の声をご紹介・ご案内しております。