ホームプレス 建物管理 ≫ 2011年5月

建物管理レポート「最新カードキーへのリニューアルについて」

弊社では1995年より16年に渡り賃貸物件の玄関にカードキーを導入しております。このカードキーは磁気エネルギーで開閉する仕組みで、防犯性が高く合鍵作成など管理面でも優れる点が特長です。特に女性入居者は、お部屋を探す際に約50%がセキュリティを条件重視しており、防犯対策の一環として訴求力を持っていると考えます。物件への導入に際しても特殊な工事の必要も無く、お陰様でオリバーの管理物件を中心に16年間で280棟2,340室(2011年4月現在)の取付実績があります。


ただし取付より年数が経過しカードキー表面や内部部品の消耗・劣化が出始めております。また防犯性能も巧妙化する侵入手口に対し、不正解錠や破錠への対策、材質・耐久性のバージョンアップがなされています。これらを踏まえ、弊社では新規取付と同時に取付済みカードキーを最新のものへ交換するリニューアルを始めました。既存カードキーの下取りが条件となりますが、通常の新規取付時よりも安価での交換が可能になります。既存と同一のコードでカードキーを作成しますので、現在のカードをそのまま使用することが出来ます。


カードキーも他の設備機器同様消耗品になり資産価値の保守・維持が重要です。入居者の方に安心してお使い頂けるよう長期の定期的な交換をご提案しております。リニューアルの価格や納期については機種・取付状況により異なりますので、オリバービルコムまでお気軽にお問い合わせ下さい。

相模原・町田の空室保証・空室レスキュー
メールマガジン

オリバーに任せて頂きましたオーナー様の生の声をご紹介・ご案内しております。