VOICE.68「思い出が詰まったアパートです」

「思い出が詰まったアパートです」

アパートの空室でお悩みだったN様。オリバーに管理をお任せいただき1年半が経過しました。その後の空室対策やアパートへ寄せる思い、オリバーへの期待等、様々なお話を伺いました。

正直満室は厳しいと

昨年の3月、オリバーさんに空室でご相談し、入居促進の為のリフォームなどを実施しました。オリバーさんを信頼してお任せしてはいましたが、残念ながら2か月後に空室が1室増えてしまい、繁忙期も過ぎたばかりの時期でしたので、正直満室にするのは厳しいと思っていました。その様な状況の8月に、新任の担当者として佐藤さんがご挨拶に来られました。

学生さんメインからの転換

佐藤さんからは、今後は学生さんだけでなく社会人のご入居者も増やしましょうと提案していただき了解すると、実際に入居を決めていただいて、年末までには満室になりました。時期が時期なだけに尽力してくれたと思います。元々学生さん向けに始めたアパートですので、繁忙期を逃すとどうしても空室が長期化しがちです。社会人の方が入居されることで募集が繁忙期に偏ることなく空室期間を緩やかにできます。とても愛着のある物件ですから空室があるのは忍びないものです。

ご入居者との思い出も

このアパートは、阪神大震災に大きなショックを受けて、耐震性の充分な建物に建て替えたものです。その時、建設会社が用意してくれた一戸建てにご入居者の皆さんと一緒に引越しました。一時的なシェアハウスです。入居直前に建て替えになってしまった学生さんもいて気の毒でしたが、この共同生活も今となっては楽しい思い出です。そんな思い出が詰まったアパートですので、我が子のようにとても大切にしています。佐藤さん、オリバーさんにはこれからも物件を思いやった対応を期待しています。

担当者 賃貸管理部 佐藤 真樹(町田市出身)

関口 雅子

N様ありがとうございます。空室についてご心配をお掛けしましたこと、心苦しく思っておりました。満室のお手伝いができ安心しておりましたが、改めてご期待にそえる様満室の継続に力を尽くし、賃貸市場の動きを捉えたご提案で賃貸経営をサポートさせていただきます。末永いお付き合いをお願い申し上げます。

賃貸管理・不動産管理に関しては、どうぞお気軽に。どんな些細なお問い合わせも誠意を持って対応致します。