VOICE.55「空室募集の広告にひかれて」

「空室募集の広告にひかれて」

長期空室にお悩みのI様。全8室の内6室が空室になり、懇意にしていた会社からオリバーに管理を移行。当社のご提案で、空室解消に向けてデザインリフォームをご決断されました。

空室が増えるばかり

このアパートは建てた当初より、長く懇意にしていた地元の不動産会社に管理を任せていましたが、ここ2年ほど空室が増えるばかりで埋まらなくなりました。その会社は、どちらかと言えば私から面倒を見ていた部分も多かったので辛抱していましたが、そもそも名義の半分は家内と息子なので、自分の気持ちだけで放っておく訳にもいきません。空室を何より優先して解決しなければならない状況でした。

空室募集の広告がきっかけ

オリバーさんのことは「オリバー通信」で知りました。「空室が足りません」と言う謳い文句が印象的でしたが、私の物件は町田ですから相模原の会社では扱えないと思っていました。今回、たまたま家内が黄色やオレンジ色のきれいな印刷物に目を惹かれたのです。オリバーさんの取り扱いエリアの広告でした。それを見ると私の物件もギリギリですがエリア内に入ると知り、それならばと連絡を入れ、担当の関口さんにご相談しました。

個性的な部屋にリフォーム

関口さんの対応は安心感がありますね。お話するたびに、空室解消に向けて希望が持てるようになりました。オリバーさんのお店も明るくて活気が感じられ、多くのお客が集まるのも納得できます。今、空室解消へ向けての提案を受けて、まずは2室を個性的なデザインでリフォームしていただいたところです。やはり、ただきれいなだけじゃなかなか入居者が決まらない時代なのですね。お部屋にも個性を求められている。あとはオリバーさんの集客力を信じて、一日も早く満室になることを祈っています。よろしくお願いします。

担当者 受託営業課 関口 雅子(相模原市出身)

I様ありがとうございます。今回お任せいただいた物件は立地も良く、綺麗にメンテナンスされた魅力的な物件です。更にリフォームをご決断いただいたことで、内装デザインの差別化が図れました。満室へのご期待にそえる様、全社を挙げて努めて参ります。今後も末永いお付き合いをお願い申し上げます。

空室相談・入居者募集・賃貸・不動産管理・建物管理・退去後りフォームなど、オーナー様のご質問はこちらから。