VOICE.51 「管理会社にもこれだけの違いが」

「管理会社にもこれだけの違いが」

オリバー通信をきっかけに管理会社の違いを意識されたH様。空室にお悩みをお持ちだったH様が、弊社にご相談いただく経緯をお話しいただきました。

土地活用でアパートを新築

今回、オリバーさんに管理をお願いしたアパートは、以前私たちが住んでいた土地に建てたものです。更地のままでは税金の負担も大きくなるのでその対策として始めました。初めてのことでしたから不安もありましたが、新築のアパートは私たちが住んでみたいくらい綺麗で、入居者さんも順調に見つかり、管理会社にお任せしていました。

長い空室に募る不安

ところが、2年ほど前から半年・1年と空室が埋まらなくなってきました。収支がゼロになってしまうこともあり、こんなことがいつまで続くのか不安に思っていました。前の管理会社ではインターネットなど今時の入居者募集まで手が回っていない様子で、私たちにもどうすることもできませんでした。丁度その頃、オリバー通信が送られて来て、入居者さんを集める為に色々なことに取り組んでいることを知りました。それまで、どの管理会社も同じようなものと思っていましたが、これだけの違いがあること知ると、長く良くしていただきましたが管理会社を変更することも考えるようになりました。

今後の空室対策に期待

そうした経緯でオリバーさんを訪ねることにしました。お店は活気があって、皆さん頑張っていることが伝わりましたし、担当の関口さんも穏やかで、でも言うべきことはきちんと仰ってくださるので、安心してお任せできると思いました。お蔭様で今は満室ですが、年数が経つにつれて発生する建物のメンテナンスをいかに効率良く行い、入居者さんを確保していくかが課題になります。オリバーさんには、こうした課題や空室対策について色々なご提案を期待しております。

担当者 受託営業課 関口 雅子  (相模原市出身)

H様ありがとうございます。お任せいただいたアパートの外装改修など大規模修繕はまだ先のことですが、長期的な修繕計画で資産価値を維持し末永い収益の確保をお手伝いさせていただきます。今後発生する退去に際しても全社を挙げて入居者募集に努めて参ります。今後とも末永いお付き合いをお願い申し上げます。

空室相談・入居者募集・賃貸・不動産管理・建物管理・退去後りフォームなど、オーナー様のご質問はこちらから。