VOICE.23 リフォームを終えて1ヶ月で満室

リフォームを終えて1ヶ月で満室に

府中市で豆腐製造販売会社を営まれているT様は、相模原市にアパートを所有されています。空室により賃貸経営を続けるか売却かで悩まれましたが、オリバーにご相談いただいたことで継続を決意され、今は満室です。

賃貸経営のきっかけは?

「資産として土地がほしくて購入しましたが、建築条件付というのですか、家を建てなきゃいけなかった。仕方なく(笑)一軒家を建て、それを貸家としました。借り手が退去された時に、懇意にしている建設会社の勧めもあって、小ぶりですがアパートに建て替えました」

オリバーにはどのような 経緯で?

「4室のアパートで3室が空室になり、管理をお願いしていた不動産会社から売却を勧められました。続けても家賃を下げざるを得ないと言われ、少子化など考えれば仕方がないかと思いましたが、どうも納得できなくて。オリバー通信が毎月送られて来ていましたので、オリバーさんの意見もお聞きしたいとご相談のハガキを出しました」

(担当者)資産活用と売却のご相談ハガキをいただきましたので、不動産販売課の担当と一緒にお伺いしました。

「売却はしたくありませんでしたが、それもやむなし、とも思っていたので。不動産は所有しているからこそ財産なのだと思います。長岡(オリバー担当者)さんに、満室にできますと言っていただけたので、管理をお願いすることにしました。おかげ様で、リフォームを終えて1か月で満室になりました」

オリバーの印象を。

「長岡さんも一緒に来られた売買の方も応対に誠実な人柄が見えました。本社にお伺いした時も、丁寧に全部署を紹介いただき、行く先々で社員の皆さんが仕事の手を休め、起立して挨拶をしてくれたのがとても印象的です。こんな会社は今まで見たことがなく、立派だと思うと同時に、一層の信頼感を持ちました」

担当者 受託営業課 長岡 俊一郎(三浦郡出身)

T様ありがとうございます。大規模リフォームをご決断されたことで、満室という最良の結果に繋がりましたことを心から嬉しく思います。今後も、微力ながら満室経営を継続する為のご提案やサポートに全社で取り組んで参りますので、末永いお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

空室相談・入居者募集・賃貸・不動産管理・建物管理・退去後りフォームなど、オーナー様のご質問はこちらから。