VOICE.21 集客の難しい時期でも満室に

将来を見据えて賃貸経営 パートナーをオリバーに

空室がなかなか埋まらないことを懸念されていたN様。これは管理会社の集客力の問題と考え、所有物件の近くで店舗展開をしているオリバーに来社。集客には難しい時期でしたが、満室にすることできました。

賃貸経営の経緯を。

「以前は厚木に住んでいまして、15、6年前に自宅を含む土地を処分し、ここ(相模原市)に住まいを建てました。多少お金も残りましたので、その時にマンション2棟を購入しました。と言っても、父が始めたのですが、老齢になりましたので、今は私が代わりを務めています」

どのような理由でオリバーへ?

「ここ数年、空室が増え、管理会社の集客力の問題と考えたのです。前の管理会社は相模大野にあり、私どものマンションからやや離れています。長くお世話になりましたが、私が経営をみることをきっかけに替えてみようと、インターネットで調べ、所有物件の近くで店舗展開をしているオリバーさんを選び、長岡(オリバー担当者)さんに担当していただくことになりました」

空室状況は?

「(所有物件は)全部で16室ほどですが、長岡さんにご相談した時は6部屋空いていました。ほぼワンルームで借り手は学生さんが主体でしたから、卒業時期に部屋が空き、入学シーズンに埋まるという入居パターンで、その時期を逃すと空室期間が長く続きました」

(担当者)N様のお手伝いをさせていただくことになったのは5月からで、やはり客付けの難しい時期でしたが、今は満室になりました。

「入居募集に難しい時期であることは覚悟していましたから、満室にしていただき、感謝と同時に驚いてもいます」

その他、オリバーについての印象を。

「長岡さんは親身になって対応してくれましたし、各部署の方の対応も明瞭で丁寧です。自社にメンテナンス部門があることも安心です。何より満室にしていただいたことを本当に感謝しています。この気持ちを伝えたくて、少しでもオリバーさんのお役に立てればと取材もお受けした次第ですから」

空室相談・入居者募集・賃貸・不動産管理・建物管理・退去後りフォームなど、オーナー様のご質問はこちらから。