VOICE.13 空室対策を求めて、組織力を見込みオリバーに

空室対策を求めて、組織力を見込みオリバーに

相模大野駅近くの好立地にアパートをご所有のM様。空室もなく手がかからない物件でしたが、少子化等賃貸市場に変化が見え始めた4年前から空室がちに。その対策を求めてオリバーにご連絡いただきました。

賃貸経営を始められた経緯を

「親からアパートを受け継いだことがきっかけです。当時は会社員でしたから、積極的に賃貸経営に携わる必要もなかったのですが、立地が良く遊ばせておくのももったいないので続けることにしました」

それが現在お任せいただいたアパートですか?

「いえ、受け継いだアパートは老朽化が進んでいましたから建て替えました。付き合いのあった建設会社に建築から、その後の管理まで任せていましたが、空室もなく手がかかりませんでした」

オリバーにご連絡いただいたきっかけは?

「この4年で空室が顕著になり始めました。任せていた会社に対策をお願いしたのですが中々進展がありませんでした。信義もあり簡単に変えるつもりはなかったのですが、オリバーさんに連絡を取ることにしました」

なぜオリバーだったのでしょうか?

「ダメで元々、と言うのもありましたが(笑)、これからは昔気質の会社より、組織で対応できる会社の方が安定するだろうと言う判断です。オリバーさんに任せて丸3年になりますが、基本的にはその判断は間違いなかったと思います。ただ、物件については築20年になりますし、将来的には相続の問題もあり、この数年は大きな投資を控えて方向性を見極める時期と考えています」


(担当者)借り上げ等、オーナー様のお手間を取らせないプランもございますのでご検討いただければと思います。


「今後売却や借り上げも含め多角的な検討が必要と考えています。良い仕事の積み重ねがお互いの信頼に繋がりますので、そうした関係を継続してもらえることを期待しています」

空室相談・入居者募集・賃貸・不動産管理・建物管理・退去後りフォームなど、オーナー様のご質問はこちらから。