VOICE.04 「この1年間が嘘のように満室に」 オリバーで長期空室を解決

「この1年間が嘘のように満室に」 オリバーで長期空室を解決

ご所有マンション6室のうち、2室が1年間空室で悩まれていたH様。一時は売却も視野にありましたが、東林間駅の近くという好立地に、手放すのはもったいないとの声も。悩ましい日々が続くさなか、目にしたオリバー店舗の「求む空室」が解決の糸口に。

賃貸経営を始められた理由は?

「主人はボイラー技師として全国を飛び回っていました。自営業は体が資本ですから、仕事柄、万が一のことも頭にありましたし、年金など老後のことも考えて、少しでも安定収入を、と東林間のマンションを購入しました」

その後、経営は順調に?

「それが、長期の空室に悩まされたのです。もちろん当初はとても順調でしたが、ここにきて2部屋が1年も空室になっていました。購入をお世話いただいた不動産会社に管理をお願いしていましたが、今は少子化で景気も低迷しているから仕方がない、と言われて。それは理解していますが、6室の内2室空きでは借入れもしていますので、かなり困りました。それが1年にも及ぶと持ち出しになってしまいますので」

それでオリバーに?

「ここ(オリバー本社)の前の信号待ちで、お店の壁面に書かれている『求む空室』の文句を見たのです。こんな会社もあるんだ、とフラフラと吸い込まれるように(笑)お伺いしました。それだけ悩んでいたのだと思います。明るく活気のある店内で長岡(オリバー担当者)さんとお会いしましたが、話しただけでホッとしたのを覚えています」

ご期待に添えましたか?

「おかげ様で、早かったですね。とにかく早急に空室を埋めますから一刻も早くリフォームを、と長岡さんからお願いされ、予算も正直きつかったのですが、言われた通りに動きました。そうしたら、この1年が嘘のように満室に。本当にありがとうございました。以前から住まれているご入居者さんとの引き継ぎが残っていますが、これからは全てオリバーさんにお任せしますし、それが一番の安心です」

空室相談・入居者募集・賃貸・不動産管理・建物管理・退去後りフォームなど、オーナー様のご質問はこちらから。