大規模修繕・外壁塗装

大規模修繕

物件をいつまでも、入居者様にとって快適な住環境を維持し、オーナー様にとって資産性を維持する為の、計画的な修繕をご提案、施工いたします。

大規模修繕工事着工までの流れ

確実な施工に向けた、8か月間の準備段階です。

ご依頼を受けてから着工までに、診断・計画・説明会等綿密な準備を行います。

大規模修繕工事の進め方

建物診断と各工事の施工

劣化箇所を確実に修繕し、建物の資産価値を維持する為に必要な工事を行います。

大規模修繕を行う目安

建物の構造に応じて適切な時期に行う事が重要です。

一般的には10~15年・20~25年・30~40年の3つの時期に行います。

外壁塗装

オリバーは、オーナー様の永続的で良好な賃貸経営の為、低コストで適格性・即効性のある外装改修提案を行っています。

一度の大規模修繕ではなく、主に


鉄部塗装

足場の必要のない部分の改修

足場の必要な部分の改修

 

に分け、優先順位を考慮し、入居者様に喜んでいただける機能や見栄えに配慮します。

外装改修の提案から保証まで

点検・診断から始まるオリバーの外装改修は、1~7の段階を追って行い、施工後の保証にもしっかりと対応いたします。

1.建物点検(6か月)・建物診断

2.修繕計画のご提案・優先で必要な部分について早めの修繕

3.長期修繕計画・お手入れリストによるご提案

4.診断書・修繕計画に基づく現地説明会

5.外装改修の見積もり・工事金の決定

6.外装改修工事

7.保証・アフターサービス

大規模修繕・外壁塗装など建物の維持に関するお問合せ