質問

地震による液状化現象のために賃貸物件が傾いた場合、賃貸借契約は終了するのでしょうか?

答え

建物が居住も修繕も不可能な場合には賃貸借契約は終了します。居住できない場合でも修繕が可能であれば賃貸借契約は存続しますが、貸主は復旧するまで賃料を請求できず、借主は契約を解除できます。

居住が可能であれば、賃貸借契約は存続し、原則として借主は契約を解除できません。但し、貸主が借主の意思に反して補修工事を行い、これにより借主が居住できなくなる場合には、借主は契約を解除できます。また、借主は修復までの期間について賃料減額請求できます。