ホーム事業案内 ≫ 大規模修繕事業

大規模修繕事業

リノベーションとは

既存の建物の用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすることです。建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を建替えせずに回復向上させることが必要になります。

具体的には、建物のコンセプトを変更し、外装内装デザイン・間取りの一新、最新設備への変更、IT化や、冷暖房費などのエネルギー節約化、耐震性や防災性の向上などに対応します。

簡易建物診断

建物ライフサイクルの異常・劣化の状態を知り、長期修繕計画の概要を立案する為には建物診断が便利です。

オリバーでは、オーナー様に建物の現状をよく知っていただく為、3年毎に現地にてオーナー様へ簡易建物診断説明会を実施しております。

建物維持改善工事

建物には、構造体・外装・内装・設備など複数の構成要素からなり、それぞれの耐用年数によりいくつものライフサイクルが形成されています。

このライフサイクルをバランスよく維持改善することは、賃貸経営の重要な要素の一つです。健全な賃貸経営を目指しバランスのとれた建物ライフサイクル維持改善計画をご提案し、修繕・改善工事を行います。

大規模修繕のお問合せ