建物管理業務

建物修繕・設備メンテナンス工事の年間実績

建物修繕・設備メンテナンス件数 2009年度実績 4,266件数

建物・設備の故障トラブル発生時の日常修繕対応

建物・設備の故障トラブル発生時、調査・応急処置など初期対応を行います。

修繕に伴う部材・作業費は別途精算としますが、原則として都度見積りを提出しお客様のご了解の後、工事を開始します。

ただし、工事費が1万円未満の緊急の場合については、事前了解を頂かずに修繕工事を実施し事後報告とします。

365日24時間出勤体制

通常営業日(GW・お盆・年末年始以外)営業時間(9:00~19:00)

 株式会社オリバービルコムで、受付・対応致します。

GW・お盆・年末年始及び通常営業日営業時間外(19:00~9:00)

 オリバー緊急受付コールセンターでの受付となり、緊急を要さないものは翌営業日以降の対応となります。ただし、断水・火災発生・ガス爆発など緊急性を要する場合は、緊急対応の当番社員が対応します。

設備の定期点検・メンテナンス・予防保全の提案

法律や条例の定めに基づき有資格者(協力会社)にて法定点検を実施し、書類作成後特定行政庁へ報告を行います。

また劣化状況に応じ修理・交換などメンテナンスの提案も行っています。

設備の日常点検によって機能や性能を把握し、それらの劣化状況・消耗状態を見極め、不具合が生じる前に手当てを行う必要があります。

この手当を予防保全と言いますが、耐用年数を超過した設備について、故障・不具合が発生する前に予防保全を行い修繕費用の軽減と二次クレームの防止を図ります。

定期建物点検(年2回実施)

管理物件(分譲マンションなど除く)の建物について外観目視点検を年2回実施、現在の状態と改修が必要な箇所について専門家の立場から「建物・施設定期点検報告書」にてオーナー様へ報告致します。

メンテナンス履歴データ管理及びメンテナンス品質保証活動

メンテナンス履歴データ管理

物件ごとに各種メンテナンス履歴・オーナー様情報・設備キー状況を一括データ管理。作業の進捗状況や不具合発生時の履歴検索もスムーズに行うことが出来ます。

また各種報告書などの紙媒体は電子ドキュメント化の上データとしてサーバ内に保存していますので、必要な時に取り出すことが可能となっています。